F株式会社

福祉葬で亡くなる人の「最後のお布施」とは?

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

福祉葬で亡くなる人の「最後のお布施」とは?

福祉葬で亡くなる人の「最後のお布施」とは?

2024/03/13

福祉葬という言葉を、最近よく耳にするようになりました。福祉葬とは、社会福祉法に基づき、貧困や孤独死、身寄りのない人などに対して行われる葬儀のことです。最近では、福祉葬を受ける人が増えていると言われています。そこで、今回は福祉葬がもたらす最後のお布施について考えてみたいと思います。

目次

    福祉葬とは?特徴やメリットを解説

    福祉葬とは、低所得層や孤独死、生活保護受給者などに対し、財政的支援が受けられる葬儀のことです。一般的な葬儀との違いは、費用が安価であることや、納棺や安置場所には公的機関が、埋葬や納骨には自治体が関与する点です。また、仏式やキリスト教式の宗教色がなく、生前の意向によって選ばれることが多くなっています。 福祉葬のメリットは、費用が安価なので、財政的に余裕がない方でも葬儀を行うことができる点が挙げられます。また、自治体が関与するので、スムーズな手続きが行えることや、葬儀実施までの日数が短縮されること、追悼式を行わずに後日お別れ会を行うことも可能です。 一方、福祉葬は、一定の条件を満たさないと受けられない場合が多く、また、葬儀内容が決まっているため、自由度が低いという問題もあります。それでも、厚生労働省がその場合でも、葬儀費用をはじめ、葬儀に関する相談窓口の確立など、支援を充実させていることが特徴です。

    「最後のお布施」とは?福祉葬で何をするのか

    最後のお布施とは、福祉葬の中で遺族や参列者から送られる、最後の感謝の気持ちのことを指します。お布施として寄贈された金銭は、故人の冥福を祈念するために使われます。また、福祉葬では故人が生前に取り組んでいた活動や支援していた団体に対して、最後のお布施として寄贈されることもあります。福祉葬では、故人の人生を深く反映したセレモニーを行います。参列者は献花や黙祷をするなど、故人への感謝の気持ちを表します。また、故人の趣味や人柄を反映した音楽や演出も行われ、故人を偲ぶ時間を共有します。福祉葬は、故人の一生を偲び、最後のお別れをするための式典です。

    福祉葬を選ぶメリットと注意点

    福祉葬とは、高齢者や生活保護受給者を対象に、低価格ながら人間らしい葬儀を提供するものです。そのメリットは、まず安さです。通常の葬儀と比較し、数十万円も安く済むことがあります。また、福祉葬は家族以外の参列も可能であることが多いため、身内が少なくても葬儀を行うことができます。さらに、遺族の負担軽減にもつながります。一方、注意点としては、葬儀の内容や品質がディスカウントされている場合があること、故人の希望を反映した形式でない場合があることが挙げられます。そのため、福祉葬を選ぶ際には、事前にしっかりと実績や評判を確認し、自分に合った葬儀を選ぶことが大切です。

    福祉葬を提供している主な団体や施設

    近年、福祉葬に対するニーズが高まり、多くの団体や施設が福祉葬を提供しています。福祉葬とは、貧困や孤独死などの理由で葬儀を行うことができない人たちに対して、低コストで葬儀を行うサービスのことです。 一般社団法人日本介護プランナーズ協会や、社会福祉法人愛隣会、社会福祉法人長崎啓和会などの福祉団体が福祉葬を提供しています。また、市や区の福祉事務所や社協でも福祉葬を行っているところがあります。 また、民間企業でも福祉葬を扱っている施設があります。中には、“無料”で福祉葬を提供している場合もあります。ただし、必ずしも生活保護費用を持っている人が対象というわけではなく、審査があったり、条件がある場合もあるため、詳細は各施設に問い合わせる必要があります。 福祉葬は、社会的弱者に対する救いの手であり、困窮からの再出発のために必要な場合もあります。日本の福祉葬を担う団体や施設が、それぞれの地域で福祉葬を広めるために、機転を利かせながら施策を展開しています。

    福祉葬に関するよくある質問と回答

    福祉葬については、多くの方が疑問を持っていることと思います。福祉葬とは、生活保護を受けている方やその家族等が、葬儀費用の負担が重すぎて葬儀を行えない場合に、自治体が負担する葬儀です。以下は、福祉葬に関するよくある質問と回答です。 Q1.福祉葬はどのようなものですか? A1.福祉葬とは、生活保護を受けている方やその家族等が、葬儀費用の負担が重すぎて葬儀を行えない場合に、自治体が負担する葬儀です。 Q2.福祉葬を受けるためにはどうすればいいですか? A2.生活保護を受けている方やその家族等は、市区町村の福祉課や社会福祉協議会に相談することで、福祉葬を受けることができます。 Q3.福祉葬の費用はどのくらいですか? A3.福祉葬の費用は、自治体によって異なりますが、最大で70万円程度まで負担されます。ただし、実際にかかる費用はそれよりも少なくなることがほとんどです。 Q4.福祉葬の内容はどのようなものですか? A4.福祉葬は、一般的な葬儀と同様に、通夜・葬儀・墓地の申し込み等が含まれます。ただし、葬儀場や式場などの設備は、福祉葬専用のものが使用されることがほとんどです。 以上が、福祉葬に関するよくある質問と回答です。福祉葬については、自治体によって異なることがあるため、詳しくは市区町村の福祉課等にお尋ねください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。