F株式会社

1日葬や24時間葬儀について知っておくべきこと

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

1日葬や24時間葬儀について知っておくべきこと

1日葬や24時間葬儀について知っておくべきこと

2024/05/18

近年、一般的になってきた葬儀スタイルとして、1日葬や24時間葬儀があります。これらは、従来の3日間といった長期にわたる葬儀に比べ、短期間で行われる葬儀です。しかし、これらの葬儀スタイルは、知らずに参列した場合、正しいマナーやしきたりを知らないと失礼な行動をしてしまう恐れもあります。そこで、1日葬や24時間葬儀について知っておくべきことをまとめました。

目次

    1日葬とは?

    1日葬とは、一般的な葬儀よりも短い期間で行われる葬儀のことを指します。従来型の葬儀では、通常3日間から7日間かけて行われるため、多くの負担が伴いますが、1日葬では、式場に来た人たちと同席し、お別れの言葉を交わし、お葬式を済ませます。一方、1日葬は費用も抑えられるため、予算が不足している方にとっては選択肢としても有力です。ただし、このような式を選択する場合は、事前にご遺族と開催予定日などの打ち合わせを行い、最適な形を検討することが大切です。また、ご自身の故人やご遺族の希望を遵守し、思い出に残る一日葬を実現するために、利用者自身も、慎重に検討する必要があります。

    24時間葬儀とは?

    葬儀は故人を送るための儀式であり、長年の伝統があります。その中でも現代社会に合わせたニーズとして、24時間葬儀というものがあります。この葬儀では、故人を何か月も前からお世話になることなく、24時間以内に葬儀を行うことが可能です。この24時間葬儀というものは、具体的には、1日のうちに葬儀を行うという形になります。これにより、故人のご冥福を、身内や関係者が早く祈ることができます。また、特に希望によるものであれば、大変早く火葬を行うことがあります。このため、葬儀社によっては、忙しい社会人にも対応できるよう、24時間葬儀を行っているところもあります。ただし、故人の遺志を尊重し、家族の意向にも耳を傾けながら、慎重に決めなければならないこともあります。24時間葬儀を検討する際には、慎重に判断することが大切です。

    1日葬や24時間葬儀のメリットとデメリット

    最近、1日葬や24時間葬儀が注目されています。これらの葬儀は、故人の意思や遺族の希望に合わせて、短時間で行うことができるのが特徴です。では、メリットとデメリットについて考えてみましょう。 メリットとしては、コスト面が挙げられます。一般的な葬儀は数日かけて行われることが多いため、宿泊費や会場費用などがかかりますが、1日葬や24時間葬儀は短時間で済むため、費用を抑えることができます。また、遺族が長時間悲しみに暮れる必要がないため、精神的な負担も少なくなります。 しかし、デメリットとしては、十分な時間を取れないことが挙げられます。一般的な葬儀では、故人にお別れをする時間を取ることができますが、1日葬や24時間葬儀だと、限られた時間内でのお別れとなるため、遺族や参列者の感情が削がれてしまうことがあります。 1日葬や24時間葬儀は、故人と遺族の意向に合わせて選ぶことができます。遺族が希望する葬儀スタイルに合わせて、円満な送り出しを行いましょう。

    1日葬や24時間葬儀でできることとできないこと

    日本では、最近、1日葬や24時間葬儀が増えています。1日葬や24時間葬儀は、葬儀を短期間で行うためのサービスです。これらの葬儀では、市民葬や家族葬のスタイルに近い形式で、火葬までの期間を短くまとめることができます。また、見送りの時間が限られているため、出棺時間までに行われる行事は少なく、簡素な形で執り行われます。このため、告別の辞として一言述べたり、故人との最後の別れとして花を手向けたりすることができますが、葬儀演出などが限られた形式になることができます。一方で、故人の生涯や人生最後の思い出を回想する時間を持つことができる式場もあります。ただし、式場の利用時間が限られているため、長時間の演出をすることはできません。近年は、生前に1日葬や24時間葬儀というスタイルを希望する方も増えています。葬儀を短期間でまとめることで、故人や家族のストレスを軽減することができます。

    1日葬や24時間葬儀に必要な手続きと費用

    1日葬や24時間葬儀は、故人を24時間以内にお別れするお葬式です。手続きは、訃報の届け出、死亡診断書の取得、葬儀社と相談して決定する葬儀プランの選定、参列者の確認、受付手続きの準備、棺の用意などが必要です。費用は、葬儀式場、飲食、会場設備、車両利用、花、その他付随する費用がかかります。1日葬や24時間葬儀は、近親者や親しい友人だけで行われるため、会場費や葬儀式場のレンタルなどの費用を抑えて、少人数で素朴な葬儀を行うための選択肢となっています。葬儀社によっては、様々なプランを提案してくれるため、相談してみるのも良いでしょう。1日葬や24時間葬儀は、短時間で済むため、葬儀の日程調整がしやすくさまざまな場面で利用することができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。