F株式会社

火葬の流れ-大切な人を送り出す前に知っておきたいこと

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

火葬の流れ-大切な人を送り出す前に知っておきたいこと

火葬の流れ-大切な人を送り出す前に知っておきたいこと

2024/06/01

火葬の流れという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。それは、亡くなった大切な人を送り出す際に行われる一般的な葬儀の形式の一つです。火葬に関しては、ある程度は知っておいたほうが良いことがあります。そこで、この記事では火葬に関する流れや注意点などについて解説していきます。

目次

    火葬とは何か?

    火葬とは、亡くなった人を遺体ごと焼き処分することを意味します。この方法は古代から存在しており、普及したきっかけは大正時代に公布された火葬条例によるものです。火葬する場所は、市民に自由に利用できる斎場や、一般家庭が持つ霊園にある。火葬棺の設計や火葬炉のデザインなどは定められた基準に沿って作られています。また、近年では環境に配慮した火葬炉などが使用されるようになっています。火葬は、遺族の希望や宗教的な背景等によって選択される場合が多く、近年では埋葬と比べるとリーズナブルな値段設定のため選ばれる方も増加しています。火葬には、精神的な解放という意味も込められており、故人の供養と、遺族が新しいスタートを切れるようサポートしていると言えます。

    火葬が適用される場合

    日本では、死亡した方の遺体を適切に扱うため、火葬が行われる場合があります。火葬が適用される場合には、一般的に、遺族の意向や故人の遺言、宗教的な信条等が考慮されます。また、病原菌や臭いの問題を回避するためにも、火葬が選択されることが多いです。火葬に際しては、専門の葬儀会社に依頼することが一般的で、一定の手続きが必要となります。また、火葬後には遺骨が残るため、それを納骨堂で収めたり、散骨をする場合もあります。火葬が適用される場合、一般的には葬儀費用が比較的低く抑えられることが多く、費用的な観点でも選択されることがあります。しかし、その一方で、火葬に対する倫理観や文化的な価値観の違いから、遺族によっては、土葬を選択することも少なくありません。

    火葬手続きに必要な書類

    火葬手続きに必要な書類は、葬儀社や自治体によって異なりますが、一般的には以下のようなものが必要となります。 まず、死亡診断書や死亡証明書が必要です。これらは医師や保健所から取得することができます。また、法律上必要とされる身元証明書も必要です。戸籍謄本や運転免許証、パスポートなどが該当します。 そして、葬儀社や自治体で必要とされる火葬許可証が必要です。これは、火葬場での手続きに必要な書類であり、葬儀社が代行して取得することもできます。 その他にも、特定の宗派などによって必要な書類がある場合もあります。例えば、仏教やキリスト教などの場合は戒名帳や聖書などが必要になる場合があります。 火葬手続きに必要な書類は、一般的に多岐にわたりますが、葬儀社や自治体でしっかりと確認をして、正確な手続きを行うことが重要です。

    火葬の手順

    葬儀で最も一般的な方法は、火葬によるものです。火葬の手順は次のとおりです。まず、故人の家族や関係者がお別れの儀式を行います。その後、故人を入れるための棺桶を準備し、棺桶に故人を入れます。次に、遺族や葬儀社の担当者が火葬場に移動し、火葬の手続きをします。火葬が行われる前に、棺桶の中に置かれた花や供物などを取り除くことがあります。火葬が始まると、棺桶はオーブンに入れられ、高温で焼かれます。焼け残った骨を拾い集め、納骨袋に入れて遺族に渡されます。その後、遺族は墓地や霊園にて埋葬やお墓づくりを行います。火葬は、故人の最後の儀式として、多くの人たちに利用されています。

    火葬後に遺骨をどうするか

    火葬後、遺骨は何らかの形で保管・処理する必要があります。ひとつの選択肢は、遺骨をご遺族が所持する方法です。この場合、遺骨は個人的な記念品として保管されることが多く、ご遺族の愛情を表すものとして大切にされます。また、墓地に埋葬する場合や、遺骨を海に散骨する場合もあります。最近では、緑化墓地や樹木葬、個人墓地などが増えており、たくさんの選択肢があります。遺骨を処理する方法は、ご遺族によって異なるため、その人々にとって最も意味のある方法を見つけることが必要です。当社では、お客様それぞれのご要望に合わせてお手伝いさせていただきますので、何かご相談があれば、お気軽にお問い合わせください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。