F株式会社

直葬に対応する葬儀の魅力と価格

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

直葬に対応する葬儀の魅力と価格

直葬に対応する葬儀の魅力と価格

2024/02/17

昨今、直葬に関心が高まっています。直葬とは、故人の遺体を焼香や葬儀式などを行わずに直接火葬場に送り、その後に家族だけでお別れをする形式です。この方式には、諸費用や手続きの煩雑さを減らすことができるうえ、お金を掛けずにシンプルかつ迅速に葬儀を執り行うことができるなどのメリットがあります。しかし、プランによっては故人への手厚いお別れや感謝の意を示すことができないといったデメリットもあります。今回は、そんな直葬に対応する葬儀の魅力や価格などをご紹介します。

目次

    直葬とは何か?

    直葬とは、葬儀において行われる一つの形式です。一般的な葬儀では、故人の遺体を安置するための通夜や、参列者に向けて故人を偲ぶための葬儀式が行われることが一般的です。しかし、直葬では、通夜や葬儀式が省略され、最低限の準備で故人の遺体を供養する形式を取ります。 主に費用削減のために選択される場合が多く、一般的な葬儀と比べて費用が格段に安くなることが魅力のひとつとなっています。また、故人が生前に贅沢はいらない、シンプルにして欲しいという意向を示していた場合や、家族の事情などで葬儀に多大な時間や費用を使うことが困難な場合にも選ばれることがあります。 ただし、直葬は一般的な葬儀と異なり、通夜や葬儀式がなく、故人を見送るイベントが行われないため、家族や友人の間で慣習がある場合は配慮が必要です。また、故人を偲ぶ場がないことで、家族や参列者が感情的な負担を感じることもあります。そのため、直葬を選択する場合は、事前に家族間で十分に話し合いを行い、メリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

    直葬の魅力とは?

    直葬とは、葬儀において一般的なものとは異なり、故人を火葬場まで直接運び、身内だけで簡素な式を行う葬儀です。近年、直葬が注目を浴びるようになった背景には、高齢化社会による個人の経済状況の悪化や、ミニマリズムといった生活スタイルの変化があります。また、故人が葬儀にかける費用を抑えられるというメリットもあります。しかし、故人を偲ぶ場が限られるため、葬儀後の弔問者や会食の機会が減ることも考えられます。直葬を選ぶ際には、自分や故人の意向、家族の意見、費用面など様々な要素を考慮する必要があります。

    直葬の価格はどのくらい?

    葬儀における直葬とは、火葬のみを行い、告別式を行わない形式の葬儀です。近年では、家族葬や一般葬に代わる形で、注目されています。直葬の価格は、葬儀社によって異なりますが、一般的には10万円から30万円程度となっています。この価格には、火葬、棺、遺体の搬送や葬儀手配費用、葬儀社スタッフの手配などが含まれます。また、遺族や家族が必要とするオプションサービスを追加することも可能です。ただし、直葬は告別式がないため、故人をしのぶ場がなく、遺族の心理的な負担が大きい場合があります。それでも、近年では多くの方が選択するようになり、葬儀における一つの選択肢となった形式となっています。

    直葬会社の選び方と注意点

    葬儀の中でも、近年注目されている直葬(一般的な葬儀よりも費用が抑えられる形式)の選び方についてご紹介します。直葬会社を選ぶ際には、料金だけを見て決めるのではなく、まず信頼性のある会社かどうかを確認することが重要です。具体的には、適切な許可を持ち、実績が豊富で、口コミ評価が高いとされる会社を選ぶことが大切です。また、お客様に合ったプランが存在しているかも確認する必要があります。注意点としては、かつては直葬会社の中には悪質な業者も存在したため、契約書の内容をしっかりと確認し、トラブルが起こらないようにしましょう。さらに、料金以外にも費用明細や諸費用の説明、サービス内容なども細かく確認するようにしましょう。最近は日本人の価値観や家族の形も多様化しているため、自分たちに合ったやり方で葬儀を行うことが大切です。

    直葬を選ぶ際に知っておきたいポイント

    直葬とは、故人を家族や親族だけで見送る形式で、葬儀式を省略し、火葬だけを行うスタイルのことを指します。このような形式は、最近では人気が高まっており、手続きの簡略化や費用の削減など、多くのメリットがあります。直葬を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえることが大切です。まずは、葬儀社の選定です。信頼できる葬儀社を選んで、料金プランや手続きの簡素化、説明の徹底など、事前にしっかりと確認しましょう。また、火葬場の選定も必要です。地域や距離などの条件を考慮して、近隣の火葬場を選びましょう。そして、直葬は葬儀式がないため、故人への最後のお別れをする機会が少なくなります。そこで、直葬後に思い出を語りあったり、故人を偲ぶ場を設けるなど、遺族や家族の意思を尊重した形で、故人を送り出すことも大切です。直葬は費用が抑えられることが多いため、予算が少ない方や葬儀式にこだわらない方に適していますが、慎重に検討し、家族全員が納得できる形で故人を見送るようにしましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。