F株式会社

葬式費用節約の秘訣~お金をかけずに大切な人を見送る方法~

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

葬式費用節約の秘訣~お金をかけずに大切な人を見送る方法~

葬式費用節約の秘訣~お金をかけずに大切な人を見送る方法~

2024/03/02

大切な人を亡くす時、葬式費用はかかるものの一つです。しかし、今現在、財政難に陥っている方も多いかもしれません。そこで、今回は葬式費用を節約する方法についてご紹介したいと思います。大切な人をお金をかけずに、でもきちんと見送れる方法を探してみましょう。

目次

    親族や友人に手伝いを頼む

    葬儀は、死者の尊厳を保ちながら、亡くなったご遺族や関係者の心の支えとなる大切な行事です。しかし、葬儀の準備や手続きはとても大変であり、一人で行うことは困難です。そこで、親族や友人に手伝いを頼むことが重要です。 例えば、葬儀の中で重要な役割を果たす棺桶の取り運びや、会場のセッティングなどは、一人での作業は不可能です。親族や友人に手伝いを頼むことで、作業の負担を軽減することができます。また、葬儀の日程調整や招待状の発送などの手続きでも、手伝いが必要になります。 しかし、手伝ってもらうことは、自分が招待する側として、相手にとって負担にならないよう心掛ける必要があります。また、手伝いを頼む場合には、感謝の気持ちを示すことも大切です。手紙やお礼状、お花などでのお礼はもちろん、手伝ってもらったことに対する感謝の姿勢を忘れないようにしましょう。 葬儀は、心を寄せる人々が集まって行われる大切な行事です。親族や友人に手伝いを頼むことで、行事が円滑に進むだけでなく、心の支えとなることができます。感謝の気持ちを忘れずに、一緒に想いを共有しながら葬儀を行いましょう。

    火葬場や通夜会場を自分たちで手配する

    葬儀の際には火葬場や通夜会場が必要となりますが、近年では自分たちで手配する方も増えています。手配が自分たちでできることで、費用を抑えることができるだけでなく、自分たちのペースで進めることもできるというメリットがあります。しかし、火葬場や通夜会場の手配は専門的な知識が必要で、手間や苦労がつきものです。特に火葬場の手配は、場所の確認や手続き、費用の見積もりなど様々な手続きが必要です。通夜会場の手配も、家族や友人が集まるための広めのスペースや、料理や飲み物の準備、プログラムの準備など、多角的な視点が必要とされます。手配がうまくいかなかった場合、悲しい思いをすることにもつながります。どちらにしても、プロの葬儀社に手配を任せることで手間と負担を軽減することができ、安心して葬儀を行うことができます。

    披露宴などの余興を省く

    葬儀の際には、故人の思い出を偲び、ご遺族や参列者の方々が気持ちを集中させることが求められます。そのため、披露宴などの余興は、行わない方が良いとされています。披露宴には、新郎新婦のイメージや個性を表現するために、色々な演出が取り入れられることがありますが、葬儀においては故人の思い出に寄り添い、静かな雰囲気を大切にすることが大切です。そのため、余興を省くことで、故人を偲ぶ気持ちや感謝の気持ちをより深く心に刻んでいただけます。弊社では、故人に寄り添った葬儀を行っております。

    亡くなった人の遺品や衣服を再利用する

    葬儀の際に、遺族が抱える問題のひとつに、亡くなった人の遺品や衣服の処分があります。そんな中、最近では再利用という考え方が広がりつつあります。例えば、故人が愛用していた着物や洋服をアレンジして、そのまま着用する人や、思い出の品として保管する人がいます。また、小物類やアクセサリー、時計、眼鏡など、再利用しやすいアイテムは、リメイクや修理によって、新しい形で生まれ変わることもあります。 これらの行為は、遺族にとっても金銭的な負担を軽くすることができます。また、故人が大切に扱っていた品々が、また誰かの手に渡ることで、人々の心を繋ぎ、思い出を共有することもできます。 ただし、再利用する際には、まず故人が本当に再利用したいと考えていたかどうかを確認することが大切です。また、衛生面や着用していた時間・状況によっては、再利用が難しい衣服や品物もあるため、その判断も慎重に行う必要があります。 遺品や衣服の再利用は、それぞれの人の死に対する考え方や文化、宗教観によって異なるかもしれませんが、最近では、より持続可能な生活や、大切なものを大切にする価値観が広がっていることもあり、再利用に寛容な社会に変化しつつあるようです。

    葬儀社に相談し、必要最小限のサービスを利用する

    葬儀社に相談し、必要最小限のサービスを利用することで、葬儀費用を抑えることができます。葬儀は、一生に一度の大切な儀式であり、葬儀費用も大きな出費となります。しかし、葬儀社に相談し、必要最小限のサービスを利用することで、余計な出費を抑えられます。例えば、自宅葬や火葬式を選ぶことで、会場費や飲食費を抑えることができます。また、棺や衣装、装花なども必要最小限のものを選ぶことで、費用を抑えられます。葬儀は故人を偲び、送り出す儀式であり、大金を払って華やかにしなければならないわけではありません。相談しながら、必要最小限に抑えた葬儀を送ることにより、故人の意思を尊重し、財政面でも無理のない範囲で行うことができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。