F株式会社

直葬って知ってる?気軽に始められる身近な形式を解説!

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

直葬って知ってる?気軽に始められる身近な形式を解説!

直葬って知ってる?気軽に始められる身近な形式を解説!

2024/03/21

直葬という言葉を聞いたことがありますか?最近では、身近な形式として注目されている葬儀の形式です。直葬とは、火葬式のみを行い、密葬または家族葬と呼ばれる、限られた人数で行う形式の葬儀です。近年、気軽さや費用の削減から直葬を選ぶ人が増えており、その手軽さから今後も注目を集めることが予想されます。今回は、直葬について詳しく解説していきます。

目次

    直葬とは?

    直葬とは、故人を親族や知人だけでお別れする葬儀のことを指します。一般的な葬儀と異なり、故人の遺影やお花などを飾らない、送電儀の演出や祈りを行わないといった特徴があります。また、火葬に直接進むため、お骨を戴く際には、散骨や永代供養が多く選ばれます。近年、故人本人やその家族が宗教や習慣にとらわれず、簡素かつスムーズに葬儀を終えたいというニーズが高まっていることもあり、直葬を選ぶ方が増えてきています。しかし、故人を偲ぶ時間を極力減らしてしまうため、お別れの際には接触時間を大切にするなど、工夫が必要とされます。

    直葬のメリット

    近年、増加傾向にある直葬とは、葬儀式を行わず、直接遺体を火葬場に運び、お別れの会や密葬などを行う形式の葬儀です。ここでは、直葬のメリットについて説明します。 まず、直葬は費用が安く済みます。遺族が負担しなければならない費用は抑えることができ、フラワーアレンジメントや遺影、仏壇などは必要ありません。また、式場費用も不要なので、費用をグッと抑えることができます。 さらに、直葬は非常にスムーズです。葬儀式やお別れの会がないため、予定が重なっている場合でも、迅速に遺体を火葬場に送ることができます。また、時間に制約のある方や遠方からの参列者による交通費や宿泊費もかかりませんので、遺族にとっても負担が軽減されます。 最後に、直葬は自由度が高いというメリットがあります。お別れの会や密葬などを自由に行うことができるため、遺族の意向に合わせた葬儀が可能です。また、教祖や宗教の思想に沿った葬儀が好ましいという方にも対応することができます。 以上のように、直葬には費用面でのメリットや手続きのスムーズさ、自由度の高さがあります。遺族の意向を汲んで最適な形の葬儀を行うためにも、直葬はひとつの選択肢として検討することが大切です。

    直葬の流れ

    直葬とは、親族だけでお別れをする、お葬式の形態のひとつです。一般的な葬儀は、ご葬儀社に依頼して、葬儀社が会場の準備からお花代や遺影写真、供花などを含めてすべて手配しますが、直葬は違います。親族が自分たちでお別れをするための場所を手配します。お棺は適当な大きさに別れたら、遺体を移送することができます。眼前で親族だけで、お別れすることができます。 また、直葬では、通夜や告別式といった一般的な葬儀の形式がありません。遺族にとっては、通夜や告別式に時間を取られることなく、亡くなった方との最後の時間を過ごすことができます。ただし、直葬を選んだ場合には、自分たちで適切な手配をする必要があります。ですので、葬儀社に比べ、お金を節約することができます。 直葬は、親族だけでお別れをする、手軽で費用を抑えることができるお葬式の形式です。しかし、かなり手配が必要なため、事前によく検討し、対処法を考慮した上で決めることが大切です。

    直葬と一般的な葬儀の違い

    直葬と一般的な葬儀の違いは、主に葬儀の形式や規模、費用などが異なります。一般的な葬儀は、故人との別れを惜しむために、棺やお花、飾り物などを使って行われます。そのため、葬儀社や葬儀場、宗教団体などからの支援が必要になります。また、関係者や親族、友人など多数の参列者が集まることが一般的です。 それに対し、直葬は非常にシンプルな形式で、故人を荼毘に付し、骨壷に収めるだけで終了する形式です。理由としては、故人の望む形式であったり、経済的負担を軽減するためだったり、時間的制約があったりと様々です。 また、直葬は葬儀社や葬儀場、宗教団体からの支援が少なく、参列人数も限られるため費用が大幅に削減されます。そのため、近年では直葬が注目されており、葬儀業界でもニーズの高まりが見られます。 ただし、直葬にする場合でも、故人や家族と話し合いをして、最後まで故人を大切に送り出すことが大切です。

    直葬を選ぶ人の特徴

    直葬とは、通夜や葬儀などの煩雑な手続きを省き、直接火葬を行う葬儀のことです。最近では、直葬を選ばれる方が増えています。その理由には、以下のような特徴が挙げられます。 まず、コスト面でのメリットがあります。通夜や葬儀などの取り扱いがないため、費用も大幅に削減できます。さらに、火葬場での手続きも簡略化されるため、費用の削減が期待できます。 また、時間の短縮ができることもメリットです。近親者や友人知人のみで参列し、迅速に葬儀を終えることができるため、余計なストレスを抱えることがありません。時間的なゆとりを持ちたい人にはおすすめです。 一方で、荼毘に付されず、死者の顔が見られないというデメリットもあります。また、親族外の方の参列を招かない場合もあるため、社交面での機会が失われることもあります。 以上、直葬を選ぶ人の特徴について紹介しました。最近では個性的な葬儀スタイルが注目される一方で、直葬を選ぶ人が増える背景には、簡素でスマートな葬儀スタイルがあることも十分に考えられます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。