F株式会社

「初めての家族葬」のススメ!家族で送る大切な人への最後のお別れの仕方とは?

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

「初めての家族葬」のススメ!家族で送る大切な人への最後のお別れの仕方とは?

「初めての家族葬」のススメ!家族で送る大切な人への最後のお別れの仕方とは?

2024/03/19

大切な人を亡くした際、葬儀やお別れの方法に悩む人も多いかと思います。最近では、規模を小さくし、家族や親しい友人だけで行う家族葬が注目されています。しかし、初めての場合、どのように進めれば良いのか、わからないと思う方も多いかもしれません。今回は、家族葬のススメや、大切な人への最後のお別れの方法についてお話ししていきます。

目次

    家族葬とは?

    家族葬とは、亡くなった家族を家族だけで葬ることを指します。一般的に、近親者だけで行われる小規模で簡素な葬儀で、身内のみが参加することが多いです。家族葬は近年、一般的になってきており、故人の意向や家族の希望によって行われることが多くなっています。また、葬儀費用の削減もあるため、費用面でも家族葬が選ばれるケースがあります。そのため、近年では家族葬のためのプランや施設などが増えてきており、葬儀業界でも注目度が高くなっています。ただし、家族葬であっても適切な葬儀を行うことが大切であり、専門の葬儀社やプランナーのサポートを受けることが望ましいです。

    家族葬のメリットは?

    家族葬とは、親族のみで行う少人数の葬儀です。最近、家族葬を選ぶ方が増えています。その理由は、メリットがたくさんあるからです。 まず、規模が小さいため費用が抑えられます。一般的な葬儀には、多数の人が参列し会場や棺などが大きくなり、その分費用も高くなる傾向があります。しかし、家族葬は少人数で行うため、会場や棺も小さくなり、費用も抑えられます。 また、キリスト教や仏教など宗教によっては、家族葬が推奨されている場合があります。例えば、キリスト教では霊魂は神の前に現れ、家族の手で送り出すという考え方から、家族のみで葬儀を行うことが推奨されています。 さらに、家族葬は少人数であるため、参列者全員が故人との思い出を振り返りやすく、アットホームな雰囲気があると言われています。また、参列者が混雑することもなく、ゆっくりと葬儀に参列できることもメリットの一つです。 家族葬は繁忙期でも執り行えるため、急なお通夜や葬儀があった場合にもスムーズに対応できます。遺族の精神的負担も軽減でき、立派なお別れができるという点も忘れてはなりません。 以上のように、家族葬には多くのメリットがあります。故人に合わせ、適切な葬儀を選べるように、遺族の方や関係者には葬儀の選択肢があることを伝えることが大切です。

    家族葬の進め方は?

    家族葬は、近親者のみで行う葬儀であり、故人を偲ぶために密やかな式典を行う機会として注目されています。家族葬の場合も、葬儀業者に依頼することができます。家族葬を行う際には、故人の遺志や、遺族の感情に配慮しながら進めていくことが重要です。葬儀会社に依頼をする場合は、葬儀プランの中から、バリエーション豊かなプランから自分たちに合ったプランを選ぶことができます。また、会場や会食、花祭壇や献花の形式などを選択することができます。選択肢が多い分、混乱してしまうかもしれませんが、葬儀業者は全力でサポートします。家族葬であっても、心を込めて行い、故人の冥福を祈ることが大切です。

    家族葬で大切なことは?

    家族葬は、身内だけでお別れをする形式であり、これまでよりも身近な人に送る最後のお別れとなります。そこで、家族葬で大切なことについてご説明いたします。 まずは、準備をしっかりと行いましょう。葬儀社と話し合い、故人が亡くなった直後に行うことが多いのが家族葬です。ですが、それでも予定日や時間、葬儀のスタイルなど事前にご家族で話し合いを行い、スムーズな葬儀にすることが必要不可欠です。また、故人の遺言に従って行うことも大切です。 そして、家族葬においても故人の趣味に沿ったプログラムを作成することが大切です。故人が好きだった音楽を流す、故人が通っていた場所を巡るようなアレンジがされていると報告を聞いて、○○さんらしいと感じる方も多いです。思い出話やエピソードの共有など、故人が最後に笑っていたことが伝わり、故人の思い出として残ります。 家族葬は、身内だけで行う形式なので、近しい人である家族同士が思いやりを持って過ごすことが必要です。また、故人が亡くなってからも相続や継続する事業など、家族関係の調整が必要不可欠です。 以上のことから、家族葬は、故人の思い出の共有や身内同士での大切な時間を暖かく過ごすことが必要です。故人が最後に心地よい空気感の中で送ることができるよう、他の形式同様にしっかりと儀式を行うことが大切です。

    家族葬の後には

    家族葬は、密葬とも呼ばれ、近親者だけで行われる葬儀です。大勢の人が集まる一般的な葬儀とは異なり、閉じられた空間で静かに行われます。葬儀後には、参列者が集まってお別れの言葉を交わし、闘病中の想い出や思い出話をしたり、お仏壇の前で鎮魂の祈りを捧げたりすることで、故人を偲びます。家族葬の後には、葬儀社が故人のご遺品やお花を片付けます。遺骨は家族が希望する場所に納骨されるか、火葬場で火葬された後、骨壺に収められます。また、法事や法要といった供養の儀式も行われます。家族葬は、近年では増加傾向にあります。家族だけで故人と向き合うことで、一人ひとりが訃報を受け入れる時間を持つことができます。しかし、近親者だけで行われる分、アテンド業務が重要です。葬儀社は、家族葬でも一人ひとりに寄り添い、丁寧な葬儀を行うことが求められます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。