F株式会社

家族葬の必要性と、お葬式の意味|葬儀業界の現状を解説

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

家族葬の必要性と、お葬式の意味|葬儀業界の現状を解説

家族葬の必要性と、お葬式の意味|葬儀業界の現状を解説

2024/03/30

日本において、家族葬が注目されるようになってから数十年が経ちました。しかし、一方で規模の大きい式や高額な葬儀など、派手な葬儀を希望する方々も少なくありません。今回は、家族葬の必要性やお葬式の意味について解説し、葬儀業界の現状についても触れていきます。

目次

    家族葬とは

    家族葬とは、故人の家族や親族だけが参列する少人数の葬儀のことです。大規模な葬儀とは異なり、規模が小さく、アットホームな雰囲気で行われます。家族葬は、お葬式のトレンドの一つとして、近年増えてきています。家族葬は、会葬者が少ないため、葬儀会社などが提供するセットプランの中でもリーズナブルな価格で済ませることができます。また、近親者だけでお別れをするため、よりプライバシーを尊重し、寂しい思いをすることなく、故人を見送ることができます。家族葬は、故人との最後のお別れを、家族だけで静かに行いたいという方には最適な葬儀スタイルといえます。

    お葬式の本来の意味

    お葬式は、亡くなった方を偲ぶために行われる儀式です。しかし、その本来の意味はもう少し広いものであります。お葬式は、亡くなった方の魂を安らかに送り出すための儀式でもあります。また、生者にとっても、亡くなった方との別れを告げる大切な儀式であると同時に、人生の短さや大切な人との別れの重さを改めて感じさせてくれます。そのため、お葬式は、ただ亡くなった方を送り出すだけではなく、生者にとっても心の傷を癒すための場でもあります。 近年、お葬式にはさまざまな形式が増えてきていますが、その本来の意味を忘れず、丁寧かつ心を込めた葬儀を行うことが大切です。故人を偲ぶための時間や場所を提供し、故人を惜しむことで、生者は亡くなった方との想い出を共有し、故人を思い出すことで癒されます。このような思い出を共有することで、本来のお葬式の意味である『亡くなった方を安らかに送り出す』と同時に、『生者全員にとって、故人と向き合う時間を提供し、心の癒しと引き継ぎを促す』という意味も持たせることができます。

    葬儀業界の現状

    現代の日本社会において、葬儀業界は深刻な人員不足に悩まされています。高齢化が進んだ今の時代、葬儀が必要とされるケースも増加しており、特に地方の小さな葬儀社では人手が足りず、引き受けが困難になることが少なくありません。また、葬儀にかかる費用が高額であるため、競合他社との価格競争も激化しています。そのため、葬儀社はサービスの質向上や価格抑制を図ることが必要です。一方で、近年は宗教観の多様化に伴い、宗教を超えた浄土真宗やキリスト教などの葬儀も増加しています。また、環境に配慮し、エコ葬といった新しい葬儀スタイルも提供されるようになりました。そうした中で、葬儀業界は変化に素早く対応し、多様化するニーズに対応することが求められています。

    家族葬の必要性とは

    家族葬とは、故人の家族や親族だけが参列する形式の葬儀です。最近では、社会が多様化し、核家族化も進んでいるため、家族葬が増えてきています。家族葬の必要性は、故人と幅広い関係を持つ人が、共通する形でお別れをすることができることです。また、故人が信仰する宗教の信念に基づく形で行うこともできます。近年では、多様化する宗教の中で、故人と家族の信仰に合わせた形で行うことができる宗教者も増えてきています。家族葬では、会場を選ぶこともできます。一般的に、式場や斎場で行われますが、自宅で行うこともできます。自宅で行う場合は、故人が安らかに過ごした場所で、家族だけでお別れをすることができます。家族葬は、規模が小さいため、費用も抑えることができます。しかし、必ずしも小さい葬儀である必要はありません。家族の希望によって、大掛かりなものにすることもできます。家族葬は、故人や家族の信仰に基づいた形でのお別れや、規模の小さい葬儀を希望する場合に、多く利用されます。

    お葬式に対する現代社会の考え方

    現代社会において、お葬式に対する考え方は多様化しています。かつては葬式は大仏の前でやるべしという考え方が一般的でしたが、今では故人が望んでいた形式で送り出すという方が増えています。また、人々の生活スタイルが多様化する中で、葬儀のスタイルも変化してきています。近年では、地域の伝統的な葬儀に加え、家族や友人の手でアレンジを加えたクリエイティブ葬儀や、海外の行事を取り入れた国際葬儀など、多彩なスタイルが登場しています。また、行事自体が大規模なものから家族や親しい友人だけで行う小規模なものに変化している事もあります。これらの変化は、家族や故人に合わせた葬儀ができるというメリットがありますが、一方で細分化したため、葬儀にかかる費用が高くなる傾向があるという課題もあります。しかし、故人を偲ぶ機会として、また、家族や友人などの絆を深める機会として、適切な形式の葬儀が大切であり、これからも良い形で葬儀を行っていく必要があると言えます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。