F株式会社

家族葬費用の相場と注意点!しっかり見積もって後悔しない葬儀をしよう!

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

家族葬費用の相場と注意点!しっかり見積もって後悔しない葬儀をしよう!

家族葬費用の相場と注意点!しっかり見積もって後悔しない葬儀をしよう!

2024/04/12

家族葬は、親しい家族や友人だけで行われる葬儀のことで、近年注目を集めています。しかし、費用がかかることもあり、具体的な相場を知っておかなければ後悔することもあります。今回は、家族葬費用の相場や注意点を紹介し、しっかりと見積もって後悔しない葬儀を行えるようにお伝えします。

目次

    家族葬とは?

    家族葬とは、主に直系親族や配偶者のみで行う、規模の小さい葬儀のことを指します。一般的には、50人以下の参列者で行われることが多く、会場も家族や親族の自宅や葬儀社の式場など、規模に応じて選ばれます。 家族葬は、故人とともに歳月を過ごした家族や親族だけで、静かに故人を見送る場です。近年では、近親者のみが集まることで、大勢の人が集まることによる感染リスクを軽減することも理由の一つとして挙げられます。 葬儀の形式や規模は人それぞれですが、故人を敬い、共に過ごした時間を想いながら、じっくりとお別れをすることができます。また家族葬という形式であっても、プロの葬儀社などから葬儀サポートのサービスを受けることもできます。 故人が亡くなった時は、家族葬を希望する方も増えています。亡くなった人とともに過ごした親族だけで静かに見送ることで、故人に対する思いを静かに共有することができます。

    家族葬の費用相場はどれくらい?

    家族葬は、ごく親族やごく近しい人たちだけで行う葬儀です。大勢の人を集める大規模な葬儀に比べ、出費を抑えられるのが特徴です。 しかし、家族葬でも費用がかかることは否定できません。費用相場は、葬儀社によって異なりますが、一般的に10万円から20万円程度になると言われています。 具体的には、葬儀社によって違いがありますが、遺体の受け入れや搬送、葬儀場の使用料、遺影写真や式場装飾、お棺やお供え物、法要などが含まれます。 また、葬儀社によっては、セットプランを用意しているところもあります。これには、費用の一部を抑えられるものもありますので、見積もりを取ってみるとよいでしょう。 葬儀の費用は、予想外に高くなることもあるため、できる限り事前に十分な準備をしておくことが大切です。家族葬を行う場合でも、しっかりと見積もりを取って、無理のない範囲で行いましょう。

    家族葬の費用には何が含まれるのか?

    家族葬は、遺族や身内だけで行う少人数の葬儀です。家族葬の費用には、葬儀社が提供するサービスや用品、手配などが含まれています。例えば、遺体の受け入れ・管理・供養・火葬や、式場や棺や遺影の手配、通夜・葬儀の運営、遺族のサポート、告別式費用や供花費用があります。また、遺族には故人の事前の希望や遺族自身の希望に合わせて、飲食物や司会者、音楽プレーヤーなどの希望に応えてくれる葬儀社もあります。一部の葬儀社では、故人が満70歳までの方には、加入者本人の死亡による葬儀費用を、ある程度まで補償する保険も提供しています。そのため、家族葬でどのような費用がかかるかは、葬儀社や目的によって異なるため、事前に十分な情報収集が必要です。

    家族葬の準備で注意すべきポイントは?

    家族葬を行う場合、葬儀の準備には注意すべきポイントがあります。 まず、式場を選ぶ際は家族葬に適した会場であることを確認することが大切です。また、会葬者の規模に合わせて会場の大きさを選ぶことも必要です。 次に、故人を送る際に使用する棺や花輪、位牌なども準備が必要です。これらは事前に葬儀社と相談して決めることがおすすめです。 また、音楽や写真などの展示物もある場合は、スタッフに依頼して準備してもらうことができます。 最後に、法事の場合は食事の準備も必要です。葬儀社に相談して、料理やドリンクの提供を依頼することができます。 家族葬は少人数で行われるため、準備が簡単になると思われがちですが、実際には十分な準備が必要です。事前に葬儀社との相談を重ね、丁寧な準備を行うことで、故人を送り届けることができます。

    家族葬を安心して行うために知っておきたいこと

    家族葬は、身内の中だけで行われ、一般的な葬儀より簡素であり、比較的費用も抑えられます。しかし、その処理には注意が必要です。葬儀社に依頼する場合、事前に業者選びをしっかり行い、見積もりやサービス内容を確認しましょう。また、家族葬を行う場所は、家庭内、葬儀場、寺などがあります。家庭内で行う場合は、生前にその旨を家族で話し合い、事前に火葬場との連絡も役所でしておく必要があります。葬儀場で行う場合は、見積もりをしっかりと行い、おおよその人数に合わせて部屋を選びましょう。寺で行う場合は、寺社や信頼できる神主と相談し、湯灌などの儀式も事前に決めておく必要があります。家族葬は、故人を思いやる気持ちが大切な式であり、事前に準備をしっかりと行い、故人との別れを大切に行いましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。