F株式会社

直葬について知っておきたいこと

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

直葬について知っておきたいこと

直葬について知っておきたいこと

2024/06/05

今回は、直葬について知っておきたいことについてお話しします。最近では直葬を選ぶ人が増えていますが、一体どのような方法で葬儀を行うのか、なぜ人気があるのか、それに伴うメリットやデメリットなど、解説していきます。直葬についてよく知っておくことで、適切な葬儀方法を選ぶための参考になるでしょう。

目次

    直葬とは何か?

    直葬とは、故人を棺に入れずに、衣服などを身につけたまま供養する葬送の方法のひとつです。従来の葬儀と異なり、式場を借りたり、お花を飾ったりする必要はありません。また、遺族の方々も、葬儀の準備や式の進行に追われることなく、静かに故人を偲ぶことができます。直葬が注目されるようになったのは、葬儀の費用が高騰していることが一因だと言われています。直葬には、法要が行われず、お坊さんによる読経もありませんので、費用が抑えられる点が魅力的です。ただし、伝統的な葬儀とは異なるため、一部の方々からは理解されにくいケースもあります。最近では、ネットを活用した直葬のサービスも登場し、より手軽に利用できるようになりました。

    なぜ直葬が選ばれるのか?

    近年、直葬が選ばれる理由が増えています。その理由の一つは、費用が低く抑えられることです。一般的な葬儀では、棺や祭壇、花、弔い客用の飲食物、そして葬儀会場の費用など多くの経費がかかりますが、直葬ではこれらを最小限に抑えることができます。 また、近親者や知人だけで行う、簡素な葬儀を望む人も増えています。宗派や宗教に縛られない、本人の意向に沿った形で葬儀を行うことができるため、自由度が高いというメリットもあります。 さらに、地域の葬儀業者によっては、直葬に特化したプランを提供している場合があります。そのため、専門的な知識や経験が必要な手続きもすべて代行してくれるので、手間や時間をかけずに葬儀を行うことができます。 一方で、直葬には祭壇や棺に限界があり、参列者にとって見送る場所が限られるという点があります。また、故人を悼む機会が少ないため、別途追悼会を開くことが必要となる場合があります。それでも、コスト面や自由度の高さなどのメリットから、多くの人が直葬を選択しているのです。

    直葬の費用はどのくらいかかるのか?

    葬儀において、直葬は今、注目されているプランです。その理由は、一般的な葬儀サービスに比べてかなり手間やコストが削減されるということです。では、直葬の費用にはどのようなものがあり、どのくらいの予算が必要になるのでしょうか。 直葬の費用は、葬儀会社によって異なりますが、一般的に20万円程度から始まります。その理由は、斎場や祭壇などの施設費用がかからないからです。また、遺影写真の代替として簡易的な葬儀台を利用することができます。遺族の希望によっては、火葬後にご先祖に合わせた法要を行う場合もありますが、その場合は費用が別途かかることもあります。 ただし、直葬にもサービス内容によって、費用は異なります。遺体の移送や火葬手続き、訃報掲載などの必須プランに加えて、故人様の訃報をお伝えするための追加プランや、家族葬を行う際のオプションプラン等、自身に合わせたプランを選択することも可能です。より広い選択肢を用意するために、事前に複数の葬儀社の見積もりを比較することが必要です。 直葬は、故人様の人柄を大切にし、故人様やご家族に合った葬儀形式と費用を選ぶことができます。葬儀費用が心配な方は、直葬を選ぶことで、負担を減らすことができるので、十分に検討してみることをお勧めします。

    直葬で行われる葬儀の内容は?

    直葬とは、葬式を簡素化した形式で行われる葬儀です。病院で亡くなった場合や、家族以外の知人関係や友人がほとんどいない場合、費用の問題がある場合などに利用されることが多いです。 直葬の場合、密葬と言われるように、葬式や告別式を行わず、火葬のみを行います。棺は、簡易棺を使用し、遺体は遺族以外は見ることが出来ません。 そのため、通夜や告別式などは行わず、親族だけで静かにお別れをすることができます。また、葬儀費用を抑えることができるため、費用面での問題も軽減することができます。 ただし、直葬を選択する場合でも、お花やお布施は受け付けている場合があります。お花を贈る場合は、遺族に事前に確認することが望ましいでしょう。

    直葬を選ぶ際に注意すべきポイントは?

    直葬を選ぶ際に注意すべきポイントは、葬儀の形式に関する理解不足です。一般的に、直葬は葬式を行わず、死体を直接火葬場に搬送する形式で行われます。儀式や式場の費用を抑えることができるため、近年では人気がある形式ですが、その代わり、葬式で行うことができないこともあります。たとえば、人前式や香典の受け渡しなどを行わない点が挙げられます。また、葬儀社によって選べるオプションや料金体系が異なるため、自分に合ったプランを選ぶことが重要です。そのため、複数の葬儀社に相談し、適切なプランを検討することが必要です。最近は直葬に特化した葬儀社も増えていますので、それらの情報も収集してみると良いですね。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。