F株式会社

火葬と福祉葬 知っておきたいこと

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

火葬と福祉葬 知っておきたいこと

火葬と福祉葬 知っておきたいこと

2024/06/10

日本では、一般的に葬儀は仏式または神式に従い、故人を埋葬することが多く行われています。しかし、近年では火葬が主流となっており、また福祉葬という概念も広まってきました。この記事では、火葬や福祉葬に関する基礎知識や注意すべきポイントなどを紹介します。

目次

    火葬って何?

    火葬とは、亡くなった方の遺体を火で焼き、灰となって収容した骨壷に保存する方法のことを指します。日本では、仏教の思想や地理的な制約から、古くから土葬が一般的でしたが、明治時代以降、人口増加や都市化が進んだことにより、土地の不足などを理由に火葬が普及しました。 火葬は、遺族や友人が直接遺体と向き合うことができないため、心理的に苦しいと感じるケースもあります。しかし、遺体を収容するスペースが限られている現代においては、遺族の意向や亡くなった方の意向を尊重する形で、火葬が行われることが多くなっています。 現在では、火葬式と呼ばれる、火葬を行う上での儀式が確立されています。遺族や友人たちが、亡くなった方を偲び、最後の別れをする場となっています。 葬儀業としては、火葬の手続きや儀式の企画・運営を行うことがあります。また、火葬場には、専門のスタッフが配置され、安全かつ遺族にとっても心地よい空間を提供することが求められています。

    福祉葬って何?

    福祉葬とは、貧困や孤独などの理由で葬儀費用を捻出できない人が受けられる葬儀のことです。日本国内では、毎年多くの人が貧困や孤独のために葬儀費用を支払えず、社会問題となっています。福祉葬は、そういった人たちのために公的機関やボランティアグループが支援する形で行われます。一般的な葬儀と同様に法事やお墓の管理に関するアフターフォローなども提供され、身内同等の葬儀を受けることができます。福祉葬を実施するには、公的な手続きが必要であるため、事前に相談・申請することが必要です。福祉葬が行われることで、貧困や孤独が原因の社会問題に対し、厚生労働省や自治体などが積極的に取り組んでいることが伺えます。

    火葬と福祉葬の違いは?

    火葬と福祉葬は、葬儀における代表的な形態のひとつです。火葬は、遺体を燃やすことによって埋葬する方法であり、日本では最も一般的な葬儀形式です。福祉葬は、公的施設が提供する貧困者や一人暮らし高齢者、孤独死などに対して、自治体や社会福祉協議会が葬儀を行う制度です。福祉葬には費用がかからないか、公的負担があるため、火葬と比べると費用は格段に安くなります。また、福祉葬は、葬儀会社ではなく、公的機関が責任を持って執り行われるため、通常の葬儀よりも形式に厳しい規則があることが多いです。これに対して、火葬は、葬儀会社が行うため、お客様の希望によって柔軟な対応が可能です。火葬には、葬式を執り行う前に、事前申請が必要な場合がありますが、申請手続きなども支援してくれる葬儀会社が多いです。火葬と福祉葬とも、葬儀にまつわる手続きや参列者の心配などがあるため、葬儀会社のサポートが必要になります。

    火葬の流れは?手続きは?

    火葬の流れは、まず遺族が葬儀社に相談し、希望する火葬場と日時を決めます。その後、医師による死亡診断書と火葬許可証を取得し、火葬場で火葬を行います。遺体は霊安室で一定時間冷却され、火葬用の衣装に着替えられます。そして、火葬炉に運ばれ、お坊さんによるお経を唱えながら火葬が行われます。火葬の時間は、遺族や参列者がお別れの時間を取るためにも重要な時間です。火葬後は、遺骨を手渡しすることもできます。 手続きについては、まず死亡届を役所に提出します。その後、遺族は葬儀社に相談し、火葬場や日程を決定します。死亡診断書や火葬許可証の発行には、時間がかかる場合があるため、早めに手続きを進めることが重要です。また、葬儀費用についても事前に相談し、費用に見合った葬儀プランを選ぶことが大切です。遺族は、葬儀社を通じて手続きを進めることができるため、安心して葬儀を執り行うことができます。

    福祉葬の流れは?手続きは?

    福祉葬は、社会福祉事業者が主体となって行う葬儀で、費用は国や自治体が負担します。福祉葬の流れは、家族が社会福祉事業所に相談し、手続きを進めていきます。事業所は、葬儀場や霊柩車の手配、遺体の搬送、お布施の受け取りなどを行います。また、法要などの場合は、事業所に相談することで手配が可能です。手続きは、遺族が死亡診断書や戸籍謄本、遺影写真などを準備し、社会福祉事業所に提出することから始まります。事業所は、申請書や必要書類を手配し、葬儀を進めます。遺族は、葬儀の進行やアフターケアなど全体を相談することが大切です。福祉葬は、費用面や手続き面でのサポートがあるため、亡くなった方の意向を尊重しつつ、遺族が心配することなく葬儀を行うことができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。