F株式会社

香典返しと席上返礼について知ろう!葬儀のマナー解説!

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

香典返しと席上返礼について知ろう!葬儀のマナー解説!

香典返しと席上返礼について知ろう!葬儀のマナー解説!

2024/03/08

葬儀の際には、香典を贈ると同時に香典返しや席上返礼といったマナーを守ることが大切です。しかし、これらがどのようなものであるか知らない人も多いでしょう。そこで今回は、それぞれの意味や方法について詳しく解説します。葬儀に参列する際には、ぜひ参考にしてみてください。

目次

    香典返しとは?

    葬儀において、お香典は、故人の方への弔意を表す、一般的な贈り物です。お香典をいただいた際には、感謝の気持ちを表すため、香典返しをすることが一般的です。香典返しは、故人に対する感謝の気持ちを表すと同時に、お礼を述べる、礼儀正しい行為として、重要な意味を持ちます。香典返しは、故人との関係や、いただいた香典の金額などに応じて、適切な返し方を選ぶことが望ましいです。多くの場合は、金品や贈り物を送ることが一般的ですが、時には、手紙やお礼のカードを送ることもあります。しかし、香典返しの目的は、金品や贈り物を送ることではなく、故人に対する感謝の気持ちを表すことが重要です。また、香典返しをする際には、葬儀社の案内に従って、適切な方法でお届けするように心がけましょう。

    席上返礼とは?

    葬儀において、席上返礼は非常に重要なマナーの一つです。席上返礼とは、参列者が家族に対して、葬儀に参列させていただいたことへの感謝の気持ちを表すための返礼のことです。このような行為は、家族のために何かをすることができず、参列だけが出来る人達に対して、感謝の気持ちを示すために行われます。席上返礼はお渡しするものとして、お菓子やお茶などが一般的です。特に、一口だけでよいとされるのが日本茶で、用意する際には、茶器を直接手渡さず、手渡しの際も手紙に添えて供えます。席上返礼は、参列者と葬儀を開催する家族とのつながりを深める大切な役割を持っています。このようなマナーを守って、より厳かな雰囲気の葬儀を執り行い、繋がりを大切にしていくことが、参列者と家族の絆を深めることに繋がります。

    葬儀の基本マナーとは?

    葬儀は、故人を偲ぶ場であり、故人とその家族の思い出を大切にする場でもあります。葬儀に参列することは、故人やその遺族に対する最後の礼儀として、とても重要なものです。 葬儀に参列する際には、基本マナーを守ることが大切です。まず、参列時には黒や暗めの服装が一般的です。また、会場に入る際には、軽い頭の下げをして、故人とその遺族に敬意を表します。 葬儀においては、喪主や家族の心情を尊重し、遺族や故人に対する言葉遣いに注意することが必要です。また、喪主には弔電やお悔やみの言葉を伝えることも大切です。 葬儀に参列するとき、現場に合わせた振る舞いが求められます。例えば、霊柩車が到着するときには、黙祷を捧げることが多いため、その場に合わせて静かに参列することが必要です。 以上が、葬儀に参列する際の基本マナーです。参列する方が、故人や遺族に対し、心からの敬意を表し、告別式が故人にとって届けられるよう、一歩前に踏み出すことが大切です。

    香典返しのタイミングと方法とは?

    葬儀で受け取ることになる香典返しですが、そのタイミングや方法を知っておくことはとても大切です。まず、香典返しは葬儀後1ヶ月以内に行うことが一般的です。遅れてしまう場合は事前に詳しく説明し、申し訳ない旨を伝えることがマナーになります。 さらに、香典返しの方法には様々な選択肢があります。高級なものから手作りのものまで選ぶことができ、その選択肢は多岐にわたります。一般的には、仏壇や神棚に供えるお花やお米、お菓子、チラシやカタログなどが用いられます。 また、たくさんの方々から香典を頂戴する場合、一部の方々にだけ香典返しをすることが一般的です。その際は、頂いた金額の1/2程度の金額で香典返しを行うことができます。 以上のように、香典返しはタイミングや方法を知っておくことが大切です。丁寧に準備し、失礼のないよう気を遣いながら行うことがマナーになります。

    席上返礼のタイミングと方法とは?

    葬儀において席上返礼は、参列者同士の敬意や感謝を示す大切な行為の一つです。席上返礼とは、参列者がお悔やみの言葉を伝えた後、喪主や主催者がそのお礼として、返礼の言葉を述べることです。 席上返礼のタイミングは、基本的には葬儀の終了後に行われます。お悔やみの言葉をいただいた後、葬儀終了後の会食などの場で、喪主や主催者が参列者に対して返礼の言葉を述べます。 返礼の方法としては、手紙や電話、または直接お礼の言葉を伝える方法があります。手紙や電話での返礼は、返礼の言葉をまとめて送るためにも効果的です。ただし、直接お礼を伝えることによって、参列者に対してより具体的に感謝の気持ちを伝えることができます。 席上返礼は、故人とご遺族に対する敬意を表すためにも、参列者に対して行うことが大切です。誠心誠意の言葉を述べ、参列者とのつながりを大切にすることが、葬儀後のお付き合いにつながっていくことでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。