F株式会社

生前準備が不要!無宗教 宗教不問の葬儀をご提供

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

生前準備が不要!無宗教 宗教不問の葬儀をご提供

生前準備が不要!無宗教 宗教不問の葬儀をご提供

2024/03/14

葬儀に必要な生前準備が不要な、無宗教でも宗教不問の葬儀をご提供しています。信仰や宗派に関係なく、故人の最後の思い出を大切にし、大切な時間をお送りいただける葬儀をご提供いたします。

目次

    生前の準備が必要なし!

    人生には、明るいこともうれしいことも、また悲しいこともあるものです。中でも、身近な人の死は誰にでも訪れるものです。そんな時には、葬儀の手配に追われることになりますが、生前の準備があればその手間を省くことができます。 しかし、生前の準備ができていなくても大丈夫です。当社では、身寄りのない方や急な不幸で対応に困っている方にも安心してご利用いただけるよう、迅速かつ丁寧なサービスを提供しています。葬儀に必要な手続きや手配、式場の手配、納棺、お花や弔電のご依頼など、全てお任せください。 また、当社は多種多様な葬儀プランをご用意しております。ご家族のご希望や亡くなられた方の信仰に合わせたプランから、ご予算に合わせたシンプルなプランまで、幅広く取り揃えております。どのプランにも、ご先祖様や亡くなられた方を敬い、心をこめた対応を心がけております。 日本の葬儀は、人生の儀式として大切なものです。当社は、お客様にゆっくりとお別れをしていただくために、全力でお手伝いをさせていただきます。生前の準備ができていなくても、まずはお気軽に当社にお問合せください。

    故人の信仰に関係なく

    葬儀の際には、故人が持っていた信仰に関係なく、丁重なお別れを行うことが大切です。信仰の違いがあっても、故人が心から愛されていたことは変わりません。そのため、葬儀では故人の信仰に合わせたお祈りや儀式を行うことが望ましいですが、行わなくても問題ありません。葬儀社は、故人と家族の希望に合わせた葬儀プランを提案し、丁寧かつ迅速に手続きを進めます。また、故人が生前に希望した葬儀スタイルを尊重することも重要です。葬儀には、故人を偲ぶ場でもあります。信仰に関係なく、家族や友人が故人の思い出を語り、心の支えになるとともに、故人を敬い、思い出を大切にすることが最も大切なことです。

    心地よいお別れを

    葬儀は、亡くなられた方やそのご家族にとってとても大切な儀式です。その中でも、最後のお別れは特に心に残るものとなります。弔いの儀式であるからこそ、心地よいお別れを迎えられるよう、丁寧かつ思いやりのあるサービスを提供することが求められます。 当社では、お客様お一人おひとりの気持ちに寄り添い、故人様の大切な思い出や人生を大切にし、心地よいお別れをご提供いたします。お客様のご要望やご希望に合わせて、お葬式のスタイルや形式は自由に選ぶことができます。また、セレモニーの演出やお花、お経や音楽に至るまで、全てにおいてお客様にあった最善のものをご提案いたします。 当社のスタッフは、葬儀に関する専門知識と、温かさと思い遣りを持った方々ばかりです。これからの大切な儀式を心身ともにサポートし、お別れの時に想いを込めて見送るお手伝いをいたします。 心地よいお別れを迎えるためには、故人様の人となりや人生を正確に捉え、適切なセレモニーを提供することが必要です。当社では、お客様一人ひとりと向き合い、故人様の人生を大切にしたご提供を心がけています。心地よいお別れを迎えることで、故人様の人生が改めて輝きを放ち、ご家族の心も癒されます。

    無宗教の方でも安心

    葬儀は、宗教的儀式が中心となっていることが一般的ですが、最近では無宗教の方が増えてきています。しかし、無宗教であっても、大切な人を見送る際には、思い出を共有する場や故人を偲ぶ場が必要です。そのような場を提供するのが、葬儀です。私たちは、どんな宗教でもない方々でも、安心して葬儀を行っていただけるように、無宗教の斎場やオーダーメイドの葬儀をご用意しています。また、葬儀は、故人や遺族の方々に最後のお別れをする大切な場でもあります。そのため、一生に一度のことだからこそ、大切に行いたいものです。私たちは、無宗教の方々にも、故人を愛する気持ちや、ご遺族様との想い出を共有する場を提供し、安心して葬儀を行っていただけるように努めています。

    家族の願いを尊重

    葬儀というものは、故人を偲び、家族や友人、親縁者とともにその思いを共有する行事です。 そのために、家族を中心として葬儀のプランニングを進めることが大切です。そのなかで、家族が故人とのつながりを尊重し、故人が望んだことを可能な限りかなえてあげることが役割となります。 そのために、家族とゆっくりと話し合い、互いの願いを聞き出すことが必要です。時には別れの想いが重く、気持ちが揺れ動くこともあるかもしれませんが、納得いく形で葬儀を進めることができれば、故人の思い出を心に刻んで、弔うことができるでしょう。 また、故人の遺志や習慣に合わせて、葬儀のプランを組むことも大切です。故人が信仰していた宗教や、故人が好んでいた音楽などを取り入れた葬儀は、家族だけでなく、多くの参列者の心にも残るものとなるでしょう。 故人と家族のつながりを大切にし、家族の願いを尊重して進めた葬儀は、きっと故人が安らかに見送られる形となるでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。