F株式会社

家族葬と簡素葬儀の違いとは?失敗しない選び方を解説

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

家族葬と簡素葬儀の違いとは?失敗しない選び方を解説

家族葬と簡素葬儀の違いとは?失敗しない選び方を解説

2024/03/23

近年、葬儀のスタイルが多様化しています。その中でも、家族葬と簡素葬儀が注目されています。しかし、どちらを選ぶか迷ってしまう方も多いかもしれません。今回は、家族葬と簡素葬儀の違いについて解説し、失敗しない選び方をご紹介します。皆様が大切な方との最後のお別れを迎える際に、参考にしていただければ幸いです。

目次

    家族葬と簡素葬儀とは?

    家族葬と簡素葬儀は、共に現代社会において広がっている葬送イベントのスタイルである。家族葬とは、主に家族だけで行う非公開の葬儀を指し、一般的に参列者の数は10人以内に限定されている。一方で、簡素葬儀とは、最小限の装飾やサービスによって行われ、支出や作法が簡略化された葬儀のことを指している。これらの葬儀は、社会や財政状況の変化によって、より多くの人々に選択されるようになった。また、個人の信仰や価値観も変化してきており、宗教的な葬式にこだわらず、感謝や最後の別れの気持ちを伝えるために、家族葬や簡素葬儀を選択する人も増えている。葬儀は、故人を大切に思う家族や友人の気持ちを形にする大切なイベントであり、家族葬や簡素葬儀もその一形態として、今後も広がっていくと考えられる。

    選び方のポイントは?

    葬儀の選び方には、何を重視するかによって異なるポイントがあります。まず、ご自身が求める葬儀スタイルを決めることが大切です。一般的には、家族葬、一日葬、通夜葬、告別式などがあります。また、宗派によっても葬儀スタイルや形式が異なるため、信仰情報を事前に確認しておくことが重要です。 そして、葬儀の料金もよく確認しておきましょう。葬儀の種類や招待する人数、必要な手続きによって料金は変わってきます。また、支払い方法やプランによっても料金が異なるため、費用についてもよく話し合いをして決めましょう。 さらに、葬儀会社の評判や信頼性が大切です。インターネットで口コミを検索したり、知人からの紹介を受けたりするとよいでしょう。葬儀会社によっては、強引な販売や無駄なオプションの提供をすることがあるため、注意が必要です。 以上のポイントを踏まえ、ご家族が納得できる葬儀を選びましょう。

    費用面での違いはどうなっている?

    葬儀業界では、様々なプランやサービスが提供されていますが、それぞれに費用が異なります。一般的に、

    参列者や式場の選び方について

    葬儀の参列者や式場の選び方は、故人の意向や家族の希望によって異なります。まずは、参列者の人数や式場の規模、構造、設備などを考慮し、希望する式場をリストアップすることが大切です。また、式場が提供するサービスや料金、立地条件なども確認することが必要です。 参列者については、故人の人柄や関係性を踏まえ、どのような人たちに参列してほしいかを考えます。親族、友人、同僚など、多様な立場にある人たちを招待するのが一般的ですが、参列者の交通費や宿泊費、ドレスコードなどについても事前に共有することが大切です。 葬儀は、故人を偲ぶ大切な儀式であり、参列者や式場の選び方は、故人や家族にとって大きな意味を持ちます。慎重に選び、故人の最期の旅路を心から見送ることが大切です。

    心に残る葬儀とは?

    葬儀は、故人を偲ぶ大切な儀式です。しかし、どのような形で行うかはそれぞれ異なります。心に残る葬儀とは、故人の人生や思い出を大切にしながら、その方にふさわしい形で行うことです。 故人にとって大切なものや、最後にしたかったことを考え、故人が望むように行うことが大切です。また、家族や親しい人たちが心を込めて送り出すことも大切です。そのためには、心温まるスピーチやエピソードを話したり、故人が好きだった音楽を流すなどの演出が有効です。 さらに、故人の人柄や思い出を伝えるものとして、写真やビデオを用いた施設も人気があります。訪れた人たちが、故人との思い出や想いを振り返ることができるため、思い出を共有する場となります。 その他にも、お寺への参拝や火葬の見送りなど、伝統的な形式や地域によって異なる習わしもあります。心に残る葬儀とは、故人の人生に寄り添い、その方にふさわしい形で送り出すことができることが大切なのです。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。