F株式会社

プロが教える!家族葬の費用相場とポイント

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

プロが教える!家族葬の費用相場とポイント

プロが教える!家族葬の費用相場とポイント

2024/03/24

家族葬とは、親族や親しい知人だけで行う葬儀のことです。近年、家族葬が増えている一方で、葬儀の費用が高額になることが課題となっています。そこで、この記事ではプロが教える、家族葬の費用相場と抑えるポイントについて解説します。家族葬を予定している方は、必見の内容です。

目次

    家族葬とは?

    今日、家族葬という言葉は非常に身近なものとなってきています。家族葬とは、故人の遺族やごく近い関係者だけが参列する、規模の小さな葬儀のことです。大規模の葬儀と比較すると、費用や手続きが簡単で、故人や遺族の意向に合わせた形で行われます。また、家族葬は、法要や告別式を行わないことが多いため、死を迎えた人の霊がそのまま次の世に転生するという仏教的な考え方に基づいた葬儀としても注目されています。近年では、密閉した建物での葬儀を選択する方も増えています。そのため、追加費用が発生することがありますが、感染リスクを下げるための有効な手段だと考えられています。家族葬は、身内だけでお別れをするため、時間や場所に制限されず、自由な形で行うことができます。故人や遺族の意向に合わせた葬儀を行い、大切な方を優しく送り出すことができます。

    家族葬の費用相場とは?

    家族葬は、直系の親族だけで行う小規模な葬儀です。親しい家族だけで行うため、費用もそれほど高くないと言われています。しかし、家族葬の費用相場は、葬儀社によって異なります。 一般的に家族葬の費用相場は、20万円から50万円程度と言われていますが、地域や葬儀社によって異なるため、きちんと相談する必要があります。葬儀社によってはエコ葬儀と言われる低コストで行える家族葬プランを提供しているところもあります。 また、お布施やお供え物、お悔やみのお礼なども含めると、費用がかかることもあります。そのため、あらかじめ家族で相談し、予算内で葬儀を進めることが大切です。 家族葬は、少人数で行うため、会場の費用も抑えられます。お布施やお供え物も、少人数でも十分であることが多いため、費用が抑えられます。同時に、直接家族だけで葬儀を行うことで、密な場面を避けることができ、感染症対策にもなるというメリットもあります。 家族葬の費用相場は、一概には言えませんが、葬儀社と相談しながら、きちんと予算内で進めることが大切です。

    どうすれば費用を抑えることができる?

    葬儀というものは、ふだんあまりテーマにされないことが多く、また予期せぬ出費も多いため、費用を抑えることは難しいかもしれません。しかし、いくつかの方法を試すことで費用を抑えることができるかもしれません。まずは、各社の葬儀サービスや費用を比較することが大切です。また、遺言書を残しておくこともおすすめです。遺言によって、葬儀にかける金額に上限を設けることができます。また、故人が加入していた保険や組合から葬儀費用の支援を受けることもできます。さらに、細かな費用は節約できる部分もあります。例えば、飲み物や食事、花、仏具や位牌など、必要最低限とされるものに絞ることができます。これらの方法を試すことで、その葬儀にあった費用を抑えることができます。あらかじめ計画を立て、遺言書や保険、割引サービスを駆使して、故人にふさわしいスタイルで費用を抑えた葬儀を行うことができます。

    家族葬で大切なポイントとは?

    家族葬では、大切なポイントがいくつかあります。まず、参列する人数が少ないため、式場や葬儀社選びが非常に重要です。よく調べ、きちんと相談して理想的な場所を選びましょう。また、参列者が家族や親しい友人だけとなるため、葬儀の進め方やプログラムも慎重に考慮する必要があります。故人の思い出を振り返る時間を設けたり、音楽や映像などで感動的な演出をすることも一つの手段でしょう。その際には、故人の生涯や人柄を考慮して配慮することが大切です。そして、家族葬だからという理由で、手抜きや省略をするのは避けましょう。故人を偲ぶ場として、誠意をもって用意することが大切です。家族葬は、故人との最後のお別れの場であり、家族や友人たちと共に故人を偲ぶ大切な時間です。より心に残る葬儀にするため、十分な準備と心のこもった演出を行ってください。

    プロが選ぶ家族葬の形式とは?

    家族葬は、近年、一般葬の代替選択肢として注目されるようになってきました。その中でも、プロが選ぶ家族葬の形式とは、ごく近しい家族や友人のみで執り行う密葬が多く挙げられます。 密葬は、天候や気候の影響を受けない室内式で行うことができ、参列者も非常に少人数であるため、会食の場も閉じられた空間で済ませることができます。また、密葬では供花や装飾が必要ないため、費用面でも抑えることができます。 一方、家族葬でも、式場利用による仏式葬儀や神式葬儀を希望する方もいます。式場では、厳粛な雰囲気の中で故人を偲ぶことができ、参列者にとっても心静かな場となります。 家族葬では、密葬や式場利用による葬儀が選択肢としてありますが、プロが選ぶ形式としては、ごく親しい家族や友人のみで執り行える密葬をお勧めする向きが多いようです。葬儀社に相談し、自分や家族に合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。