F株式会社

無宗教葬儀のメリット・デメリットとは?葬儀業界からの提言

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

無宗教葬儀のメリット・デメリットとは?葬儀業界からの提言

無宗教葬儀のメリット・デメリットとは?葬儀業界からの提言

2024/04/15

人々の生き方も多様化する現代社会において、宗教に縛られずに葬儀を行う無宗教葬儀が増えています。しかし、一方で宗教的な要素がないことで何かを気にする方もいらっしゃいます。本稿では、無宗教葬儀におけるメリット・デメリットを葬儀業界からの提言を交えてご紹介します。

目次

    無宗教葬儀とは?

    無宗教葬儀とは、宗教的な儀式を取り入れずに、故人を偲ぶ儀式を行う葬儀のことを指します。宗教に関わりがない人や、宗教に属していても信条や価値観に基づき自分自身の最期を迎えたいと願う方、また、家族や親族が異なる宗教を持つ場合などに、無宗教葬儀が選ばれることがあります。 無宗教葬儀では、聖書や経典などの宗教的な教典は使用せず、故人が愛した音楽や映像、エピソードなどを振り返りながら、故人を偲ぶ時間を設けます。また、参列者にも思い出を語ってもらったり、故人の人生を振り返るスピーチを行ったりすることが一般的です。 無宗教葬儀は、宗教的な儀式が行われる葬儀に比べて、自由度が高く、家族や親族が自分たちの意向に応じて葬儀内容を決められます。しかし、宗教的な儀式が取り入れられないため、演出や進行についてはしっかりとした打ち合わせが必要です。 無宗教葬儀は、故人にとって最も大切な方針を尊重しながら、故人を偲ぶ大切な儀式を行うことができます。葬儀を行う場合には、まずは自分自身の想いを整理し、家族や親族と意見を共有しながら、無宗教葬儀を選択するかどうか検討してみましょう。

    無宗教葬儀のメリットとは?

    近年、無宗教葬儀が注目されています。これは、宗教的な儀式を行わずに葬儀を行う方法です。そのメリットとしては、まず宗教的な背景を持つ人でなくても参加しやすくなることが挙げられます。また、参列者全員が宗教的な思想を共有しているわけではありませんので、無用な対立を回避でき、和やかな雰囲気が保てます。また、亡くなった本人が宗教的な信条を持ってなかった場合でも、自己の意思として望んでいれば無宗教葬儀にすることができます。そのため、個人の意思が尊重されるという点でもメリットがあります。最近は、宗教的な背景を持たない人が増えていることもあり、無宗教葬儀が選択肢として求められるようになってきています。

    無宗教葬儀のデメリットとは?

    近年、日本では宗教的な背景を持つ人たちの割合が減少し、無宗教者が増加しております。その中で注目されているのが無宗教葬儀ですが、そのデメリットも存在します。無宗教葬儀の最大のデメリットは、葬儀のイメージが曖昧になってしまうことです。宗教的な葬儀では特定の宗教に従い、特有の儀式がありますが、無宗教葬儀ではそういった儀式がなく、空気が重たくなる可能性が高くなります。また、宗教的な背景を持っている家族や友人にとっては、無宗教葬儀は不安や戸惑いを感じることがあるため、拒絶される可能性も考えられます。さらに、無宗教葬儀は宗教的な葬儀に比べて知名度が低く、開催することから周りの人たちの理解を得ることが難しい場合もあります。以上のようなデメリットがあるため、無宗教葬儀を選択する際には周りの人たちとよく話し合い、理解を得ることが大切です。

    葬儀業界からの提言

    近年、葬儀業界では新たな提言が注目を集めています。それは、葬儀においてよりオーガニックでエコロジカルな取り組みを推進することです。具体的には、お棺や花祭壇の素材には天然素材を使用することや、生前に遺言として申し込んだオーガニック葬儀を実現することが考えられます。また、葬儀後には故人の遺志を叶える形で植樹やチャリティーへの寄付を行うなど、環境への貢献も目指します。こういった取り組みは従来の葬儀の形式にはなかった新しい価値を生み出し、社会に新たな文化を提示することが期待されています。

    無宗教葬儀を選ぶ際に注意すること

    これまで宗教的な葬儀が一般的でしたが、最近では無宗教葬儀を選ぶ人たちも増えてきています。無宗教葬儀は人々自身が信仰を持たない、あるいは存在しない場合に選ばれます。無宗教葬儀を選ぶ場合、注意すべき点がいくつかあります。まず、式の内容がどうなるのか予め確認することが必要です。多くの場合、無宗教葬儀は故人の思い出を共有するためのものであり、宗教的儀式は行われません。また、式場や納骨堂など、葬儀に関する施設の選択も重要です。無宗教葬儀に特化した施設もありますので、そのような場所を選ぶのも一つの選択肢です。また、故人が生前にどのような葬儀を望んだかを遺志証明書などで残しておくことも大切です。無宗教葬儀についての理解を深め、式を行う際には適切な手続きを行うことが大切です。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。