F株式会社

火葬 初七日のしきたりとは?家族葬でも忘れずに大切にしたいこと

  • 0120-405-00124時間365日OK
  • Menu
お急ぎの方専用 無料会員登録
資料請求・お見積り

大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山エリアにて葬儀可能です。

火葬 初七日のしきたりとは?家族葬でも忘れずに大切にしたいこと

火葬 初七日のしきたりとは?家族葬でも忘れずに大切にしたいこと

2024/06/02

日本では、亡くなった人を火葬することが一般的です。そして、火葬後、初七日の間に供物を捧げるなどのしきたりがあります。これは、亡くなった方が天国に旅立ち、七日目にはその世界にも十分に馴染むことができるように、生きていた世界から送り出し、あの世に迎えるための儀式なのです。家族葬などで規模が小さい場合でも、この初七日のしきたりを大切にすることが、故人を尊重し、そして、家族として大切な時間を共有する機会にもなります。

目次

    火葬のしきたりとは?

    火葬のしきたりとは、日本の葬儀文化の中でも重要なものの一つであります。火葬は、故人が死後、遺体を焼却し骨を納める儀式で、現代においては一般的な手段とされています。しかし、火葬を行う際には、しきたりが存在し、それに則って手順を進めます。 まず、火葬は神社仏閣や共同墓地の火葬場で行われます。火葬の前には、遺族や参列者が黙祷し、故人の冥福を祈ります。その後、故人の遺体を入れた棺を火葬炉に移します。火葬炉は熱いため、遺族や参列者は炎が上がる様子を見送る場所から見守ります。 火葬が完了した後、骨が残されます。この骨を収める遺骨箱には、故人の名前や生年月日、没年月日などが刻印されます。そして、遺族や参列者が手を合わせ、故人の霊に対してお焼香をします。このとき、供物のお花や灯籠は、火葬場での購入が一般的です。 故人の遺骨は、一般的には納骨堂、家族墓、散骨などの方法で納められます。また、火葬のしきたりには地域差があり、各地で異なる風習があります。しかし、故人を心から送り出すために、火葬にまつわるしきたりを大切に行うことが大切です。

    家族葬でも大切にしたいこと

    家族葬は、故人を家族だけで送り出す私的な葬式ですが、その中でも故人を大切に思う気持ちが重要です。一つは、ありがとうの気持ちを込めて故人に向き合い、ありがとうの言葉が必要です。そして、故人の想い出を語り合い、その経験を家族と共有することができます。また、故人が好きだったもの、したかったことを形にして、葬儀に反映させることも大切です。お花や写真といった故人に関係あるものは、それぞれ希望に合わせて飾り付けをして、故人への思いを伝えます。そして、来場された方へのお礼も忘れずに、お悔やみ状などを準備することが大切です。家族葬でも、大切な人を見送る心の準備や想いを伝えることが、故人との別れを一層大切な場とするために必要なことです。

    初七日には何をするの?

    葬儀の初七日とは、故人が亡くなってから七日目のことをいいます。この日は、故人が天国に行くための最後の日であり、遺族や親族が故人を供養するための大切な日となります。 初七日には、故人が好んだ食べ物を用意したり、花や線香を供えたりすることが一般的です。また、仏前に手を合わせ、故人の安らかな御霊を祈ることも行われます。 この日は、故人の魂が御霊となって帰ってくると信じられています。遺族や親族が焼香や仏前でのお祈りなどを通じて故人を供養し、故人の魂を見送ると言われています。 初七日は故人を偲ぶ大切な日であり、遺族や親族はその日を通じて、故人の思い出を語り合い、心の拠り所を共有することができます。また、初七日を終えた後は、仏壇に飾られた写真や形見を通じて、故人との思い出を大切に想い続けることが求められます。 葬儀の初七日は、故人を大切に思う人々が故人を供養するための日です。故人の魂が天国に行くための最後の日であり、遺族や親族が故人との別れを惜しむと共に、故人を偲ぶ大切な日となっています。

    火葬後の初七日の食事について

    火葬後の初七日は、故人の魂が天に上るまでの間と考えられています。そのため、家族や親しい人たちはこの期間中、様々な儀式や供養を行います。その一環として、初七日の食事があります。 初七日の食事は、故人が好んだ料理や、家族が特別に用意したものを供えることが一般的です。また、故人が亡くなる前に食べた最後の食事を再現することもあります。この食事は、故人との最後の別れの場となるため、家族や親しい人たちは心を込めて準備します。 一方で、初七日の食事は故人への供養でもあります。このため、供えた料理は故人に捧げられ、その後、家族や親しい人たちで分かち合われます。また、食事の際には、故人の写真が置かれ、故人に対する感謝の意を込めたり、家族や親しい人たちで話し合ったりすることもあります。 初七日の食事は、故人とのつながりを大切にする日本の伝統文化の一つであり、心を込めた家族や親しい人たちの手作り料理が供えられます。故人を偲び、共に過ごした思い出を振り返りながら、故人との絆を深める日となります。

    初七日のお布施について

    初七日は、故人の魂がこの世にとどまっているとされる期間の最後日であり、その日に行われるお布施はとても重要なものとされています。葬儀業界では、この日には故人の好きだったものや、喜んでいたものを供えて、その上に箸や千円札をかける習慣があります。 このお布施は、故人が此世に生きた間に供養することができなかった罪を償う意味や、故人の魂を迎え入れる意味があります。また、生前に故人から愛用していたものをお供えすることで、故人を偲び、故人が残していった思い出を大切にすることもできます。 初七日のお布施は、家族や親族が中心となって行われますが、出来るだけ多くの人に参加してもらうことが望ましいです。また、地域によっては公共施設でのお供えも行われていることがあります。故人を偲び、その方の人生を振り返りながら、お供えをすることで、故人との絆を深めることができるのです。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。